のし袋に合うサイズの印鑑で表書き

  • RSS

大人になると、さまざまなお祝いごとやお悔やみごとなどで、のし袋を利用する機会が多くなります。
のし袋を使わなければならなくなったとき、その表書きを書くのに苦労したり不安に思ったりする方も多いのではないでしょうか。

そう感じるのにはいろいろなワケがあります。
まず、普段使い慣れない毛筆や筆ペンなどで書こうとするため、緊張して思ったように上手に書けない場合があります。
また、横文字に慣れてしまっている今の社会では、縦書きで文字を書くとまっすぐに書いたつもりでもだんだん斜めに曲がってしまうことがよくあります。
上手く書くためにほかの紙に何度も練習したり、たった1枚ののし袋を完成させるために、想像以上に時間がかかってしまうことも多いのです。
のし袋に書いて失敗してしまった場合、そののし袋は無駄になってしまいます。
そして、失敗してしまったためにもう1枚のし袋を買いに走ったりしなければならず、手間がかかってしまいます。

こんなときにとても便利なはんこがあります。
のし袋に合うサイズのはんこで、贈答・慶弔印と呼ばれているのし袋スタンプです。
のし袋の表書き用にさまざまな定型文があり、それプラス自分の名前のはんこがセットになって販売されています。
このはんこがあれば、慣れない毛筆や筆ペンで表書きを書く必要がなくなり、はんこを押すだけで手軽にのし袋が完成してしまいます。

最近では、はんこがのし袋のちょうど良い位置に押せるように配置されたプレートも一緒にセットになっていたりと、 ますます便利に使用できるように工夫されており、はんこの利用方法もどんどん広がっているようです。

このページの先頭へ